分散型取引所ForkDelta(フォークデルタ)



こんばんは、ダダdApps(https://twitter.com/DAPPST)です。

この記事では分散型取引所「ForkDelta」について、誕生の歴史や登録の必要の有無、使い方と取引手数料などを、今までの取引所との違いに触れながら解説したいと思います。


分散型取引所(DEX)とは?

top_os02

分散型取引所は、個人間で直接仮想通貨の売買ができる取引所
です。
次世代の取引所と言われ、今までの中央集権型の取引所から分散型取引所に人が移るのでは?とも言われています。

DEXとは、DecentrizedEXchangeの略です。


今までの取引所のデメリット

コインチェック、ビットフライヤー、ビットフィネックス、Zaifなど多くの取引所は中央集権型の取引所です。

現在はこれら中央集権型の取引所が主流です。
しかし、コインチェックNEM盗難事件やMt.GOX事件のように、中央集権型の取引所には盗難や紛失、内部不正の危険性があります
顧客の資産を取引所が集中管理しているからです。


分散型取引所(DEX)の仕組み

gatag-00009676

分散型取引所は取引板(何をどれくらい買いたいor売りたいのか)を表示したり、取引板を作るサービスをしているだけです。
取引所というより交換所に近いと言われています

分散型取引所では資産の管理や取引を分散型取引所のブロックチェーン上で行い、秘密鍵は個人で管理します。
取引する時のみ秘密鍵を使います。
そのため、資産は所有者個人の元においておくことができます


メリットは?

  • 手数料が安い
  • 安全性が高い
  • 登録手続き・本人確認が不要
    豊富なトークンの取引ができる 

手数料が安い

管理主体がいないため人材やプログラムコストが減るので、分散型取引所は手数料が安くなります。

安全性が高い

仮想通貨の管理を自分の元で行えるため、ハッキングのリスクが大きく減ります

登録手続き・本人確認が不要

管理主体がいないので本人確認は不要です。そのため、個人情報の流出の心配はありません
また、手続き時間がかからないためスピーディに取引ができます

各種トークンの取引ができる

分散型取引所では中央集権型の取引所ではほとんど扱っていないトークンを数多く取り扱っています

デメリットは?

  • 取引量が少ない
  • 注文が少し難しい
  • 独特の手数料が発生する
  • サポートがほぼない
  • 入金が必要

取引量が少ない

分散型取引所はまだ認知度が低いため、ユーザーも少ないです。
そのため自分好みの取引板を見つけるのが難しい場合もあります

注文が少し難しい

分散型取引所の売買の注文方法は今までの中央集権型の取引所と違うので、慣れるまでは使いにくいかもしれません。 

取引したいトークンがどこにあるかわからない、基軸通貨がよくわからない、注文ボタンがどこにあるかわからないetc...
慣れるまでは苦労するかもしれません。慣れないユーザーを狙って高値で売りつけたり、安値で買いたたく悪い人もいるので注意ですね。

独特の手数料が発生する

分散型取引所のサービスは取引板を提供することだけです。
資産の管理や取引を毎回ブロックチェーンに書き込むので、入金や出金、注文などで少しずつ手数料が発生します

慣れればかなり安く抑え得られますが、初めは面白くないかもしれません。

サポートがほぼない

分散型取引所では管理主体がありません。
困ったことや問題が起きてもほぼ自分で全て解決しなくてはならないと思ってください

入金が必要

後述しますが、取引所によっては一度メタマスクからの出金が必要です。
せっかくのメタマスクと分散型取引所のメリットが消えているような気がします。

分散型取引所ForkDelta(フォークデルタ)

フォークデルタは、イーサリアム系のトークンを扱う分散型取引所です。

分散型取引所EtherDelta(イーサデルタ)から分かれた(forkした)取引所です。
イーサデルタが非常に扱いにくかったことから、一部有識者がフォークデルタを立ち上げました。

52

フォークデルタの外観や操作感はイーサデルタとほとんど変わりません。

フォークデルタの利用方法

フォークデルタは※MetaMask(メタマスク )を使って取引をすることができます
※メタマスクの導入方法はこちらをご覧下さい。

メタマスクの導入方法やメリット、マイイーサウォレットとの連携



00

まず、メタマスクにログインします。

メタマスクにログインしたままでフォークデルタを開きます。

ForkDelta(フォークデルタ)

05

これだけでブラウザの接続は自動で行われ、取引ができる状態になります。
右上にメタマスクのアカウントが反映されていればOKです。

フォークデルタでトークンを取引してみる

実際にトークンを取引してみましょう。

トークンを探します。

39


画像の赤の四角で囲んである部分をクリック
上下に動かしてトークンを探します。

ここでは「ALIS」を選ぶことにします。

55


「ALIS」をクリックすると、ALISの取引板、チャート、取引履歴、注文の画面になります。


59

取引板・チャート・取引履歴を参考にしながら
  • 買いたいALISの数量(Amount)
  • 買いたい金額、ここではETH(Price)
を記入して【Buy】をクリックします。
 
ですが、今は買うことができません。
フォークデルタにメタマスクからETHを入金しなくてはならないからです。
メタマスクから直接買うことができないんですよね(⌒-⌒; ) 

フォークデルタにETHを入金します。
左上の【BALANCE】を見て下さい。
 
20
 
必要なETH量を記入し、【Deposit】をクリックします。 
ここでは、さきほど3ETH分のALISを買おうとしていたので「3」と記入。

ただし、ETHの送金手数料分はメタマスクに残しておきましょう。
送金手数料がかかるためメタマスクにあるETH全額をフォークデルタに送金することはできないのです。

必要な金額(ここではETH)が入金されれば取引できます。
 

フォークデルタのメリット

フォークデルタは登録不要でメタマスクが使えれば取引ができます

また、フォークデルタでは豊富なトークンを取り扱っています。
エアドロップでもらったトークンがフォークデルタで売れる場合があります

トークンの上場などの情報はフォークデルタ公式ツイッターで公開されます。
フォローしておくと便利です。

https://twitter.com/forkdelta
 

まとめ

  • 分散型取引所(DEX)は手数料、安全性、手続きの容易さ、豊富なトークンの取り扱いにメリットがあるが、新しくて認知度が低いゆえのデメリットもある
  • フォークデルタはイーサデルタから分かれた分散型取引所
  • フォークデルタはメタマスクを利用して使うことができる
  • フォークデルタではエアドロップでもらったトークンが取引できる
若干面倒くさいフォークデルタの取引ですが、まだ発展途上。

これからの進化に期待ですね。


最後まで見ていただきありがとうございます。


シェアしてもらうとニヤニヤする脊椎動物です。